トラブルにつながる水道の問題と工事

トラブルにつながる水道の問題と工事 家の中にはさまざまな水回りの設備がありますが、いつでも使えるとは限りません。何か問題を発生させた時には、使用することができなくなるからです。水漏れも原因のひとつで、修理しなければそのまま使うわけにもいかなくなります。被害も生み出すため、早めに修理や工事を考えなければいけません。
水道の設備は、一定の期間が立てば、老朽化も進みます。部品の劣化も進むため、どうしてもトラブルを発生させる原因が起こってしまう場所です。特に毎日使う使用頻度の高い場所は、どういったトラブルが起きるのか考えておかなければ対処が遅れます。状況によっては大規模な工事をして回復させることが必要になる場合もあります。

■トラブルにつながるパッキンなどの消耗品の交換

水道工事まで考えなければいけない状態はいろいろとあります。そこまでいかなくても、修理すれば済む状態なら、早めに手を打つ方が確実です。
水漏れを発見したときは、トラブルとしてわかりやすい状態です。いろいろな原因がありますが、多くは老朽化と劣化です。接続している部分があれば、漏れないようにパッキンが使われます。ゴムのパッキンですが、時間とともに劣化する部品で交換しなければいけません。劣化が進むと、部品に貼り付く力も弱まりますし、弾力性も下がることで隙間を埋めることができなくなるからです。交換しやすい部分でもありますが、中には修理ではなく工事の規模で交換しなければいけないこともあります。

■わずかな変化でも見逃さないこと
水道の配管は、しっかりと固定して設置されます。パッキンも使われますが、水漏れなどが起きないように設計されています。それでも、老朽化したりすれば、水漏れも発生してきます。
何らかの変化が起きますが、すべての場所で気がつくわけではありません。特に見えないところに延ばされた配管は、どうしても気がつくのが遅れます。水道の配管の場合でも、壁に埋められたり、土中にあることも出てくるため、異常を発見しにくいことがトラブルを大きくする要因です。水が漏れてくると、乾いているところも濡れていきます。土や壁が濡れて見えるということは、問題が起きていることを示している状態です。ほんのわずかな変化しか見つからないこともありますが、見逃さないようにすると、迅速に対応できるので被害が大きくなる前に食い止めることが可能になります。

■安心して依頼できる手掛かりは指定給水設備工事事業者

生活に欠かせない水道は、勝手に工事をして自宅などにつなげることができません。水は生活にかかわる大事なもので、公共の設備のひとつです。日本でも法律が制定されており、指定給水装置工事事業者制度があります。安全な水を確保するのは、行政としての役割になるからです。
トラブルがあったときには、どんなところに工事を依頼するのか考える場合があります。普段から付き合いがあればすぐに依頼できますが、そういった家庭はごくわずかです。多くは、付き合いのない初めての業者に依頼することになります。
手掛かりにできるのは、指定給水設備工事事業者であることです。あまり聞いたことがない人が多いかもしれませんが、この看板を掲げて影響しているところであれば、安心して依頼ができます。ホームページなどでも調べることができるので、事前に確認しておきましょう。

■まとめ
水道は、生活のみならず、命にもかかわる重要な設備です。故障したからといって、そのまま使わないというわけにはいきません。トラブルが発生すると、大きな問題になるため、少しでも異変を感じたときには、工事会社に連絡して修理してもらうことが大切です。
トラブルが起きたときから、時間が経過しても直ることはありません。悪化の一途をたどるため、早めに決断して信頼できる業者に修理してもらいましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース